2007年10月15日

亀田ファミリーへの処分は甘いか辛いか…内藤選手は「がっかり」

亀田ファミリーについに審判が下されました。

以下、読売新聞より引用〜

 日本ボクシングコミッション(JBC)倫理委員会は15日、
11日の世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチ
12回戦で、反則行為を繰り返した亀田大毅選手(協栄)を
1年間の「ライセンス停止」処分とすることを決めた。

 このほか、この試合のセコンドについた父親の亀田史郎氏は
無期限のセコンドライセンス停止、同じくセコンドについた
兄の亀田興毅選手には厳重戒告、協栄ジムの金平桂一郎会長には
クラブオーナーライセンスの3か月停止――の処分を科す。


〜引用ここまで

この処分が妥当か甘いかは意見の分かれるところだと
思いますが、個人的には
「エッ、お兄ちゃんの処分がこれだけ!?」って感じです。

反則をそそのかすような発言に対しては認めたものの、
「あれは亀田家のボクシング用語」などと弁明するあたり
卑劣そのものですよね。
殺人教唆が罪になるとしたら、スポーツ界での「反則教唆」は
かなりの罪になると思うのですが…?

まぁ、興毅選手の発言については東日本ボクシング協会の大橋会長も
「話し合った結果、弁明とは受け取れない」としているそうですが
いかんせん、処罰が軽すぎるような気がします。

大毅選手のトレーナーも、「亀田家では『投げる』を
『パンチを打て』という意味で使うことが多い」と言っている
らしいですが、そういうのがまかり通ってしまうのなら
どんな反則行為もそそのかし放題ですよね。

JBCの「倫理」は、そのへんをどうとらえたんでしょうか。

まぁ、どんな茶番でも数字がとれるんなら
とりあえずボクシング界に残しとこうって感じなのかなぁ。

ちなみに、処分の結果を受けて、夕方の「スーパーニュース」に
生出演した内藤大助選手は
「処分については僕からのコメントは特にないです。闘った
ばかりの相手ですし」と寛容なコメントをしながらも、
やはり今回の騒動についてはボクシングのイメージダウン
も考えられ「がっかりですね」と残念そうな表情でした。

ボクシング協会はともかく、1年後に亀田ファミリーが
消えていることを祈ってる人は相当多いと思いますよ。

このアイテムがまた使われる日はくるのか…


【ビッグマウスももう封印すべきですよ〜!な動画】
http://jp.youtube.com/watch?v=pGq-mAEsVnI

 













posted by てんてん at 21:02| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月12日

亀田ファミリー、試合後のコメント【最終ラウンド動画アリ】

昨日有明コロシアムで行われたWBC世界フライ級タイトルマッチで、
王者・内藤大助選手(宮田ジム)に敗れた挑戦者・
亀田大毅選手(協栄ジム/WBC世界フライ級14位)。

そのお粗末な試合結果に
各方面からブーイング殺到の亀田ファミリーのコメントを集めてみました。

以下、ライブドアニュースより引用〜

亀田大毅選手のコメント
「今回は完敗やった。それは素直に認める。初めての世界戦で
課題も分かった。これからは精神面も鍛えていきたい。
体と心をもっと鍛えてまた世界の舞台に立ちたい。
応援してくれたファンのみんなにはぶさいくな試合をしてもうて
ほんまに悪いと思ってる。しばらくは休んで、そしてまた
トレーニングを開始する。これからも応援よろしく頼んます。」


大毅選手のお兄様、興毅さんのコメント
「11ラウンドの開始前の俺の発言が誤解されてるみたいやけど、
あれは亀田家のボクシング用語で誤解されてるようなもんやない。
あれはヒジを上げてしっかりガードして、目の位置を狙えいう意味。亀田スタイルの基本や。
それに今のグローブはサミング出来へんように
親指のところが縫いつけられてるから、サミングなんて出来るわけあらへん。
俺が大毅に反則をさせるような事は絶対にあらへん。」


そしてご尊父・亀田史郎トレーナーのコメント
「11日のタイトル戦での大毅の反則行為は、故意ではありません。
大毅の若さ、精神的な未熟さが出た結果だと思います。セコンドに
ついたトレーナーとして大毅の反則行為を止められなかった事は
反省しております。ただこれも闘志の現れであって、結果として
反則行為となってしまったことをご理解していただきたい。
大毅本人も深く反省し、一から出直す覚悟ですので、
今後ともよろしくお願いいたします。」


〜引用ここまで

試合後にどうフォローしたところで
反則は反則、負けは負けでしょうが…。

それよりも切腹はしなくていいの?

もう、歌うたってる場合でもないですね…。


【内藤を持ち上げちゃった…ブーイングの12R動画】
http://jp.youtube.com/watch?v=pPASfMliQ1A






posted by てんてん at 20:21| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

内藤圧勝!亀田大毅、切腹するの!?

大毅選手、最年少の世界王座獲得ならずー!

以下、読売新聞より引用〜

 世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチ
12回戦(11日・有明コロシアム)
――王者内藤大助(33)(宮田)が、亀田3兄弟の二男で
同級14位の亀田大毅(18)(協栄)を終始圧倒し、
3―0の判定で下した。

 内藤は初防衛。最終回は挑戦者が反則行為で3点減点となり、
王者が勝利した。


〜引用ここまで

大毅選手が「負けたら切腹する」とコメントするなど
かねてから話題のカードだっただけに注目度は大。

でも…
最初から結果は見えてましたよね(^ ^;)

大毅選手は世界14位。最年少記録とかBOXING協会の客集め戦略とか
いろんな思い入れがあって実現された試合なのでしょうが、
ランクの差は歴然です。

内藤選手だってそう簡単には負けられません。
前回の王者奪回から3ヶ月しか経ってませんしね(^ ^;)
途中、目から出血したときは
ちょっと危ないかなって思ったですけど…

結果、大毅選手が反則行為で3点原点となって
王者の圧勝でした。
プロ11戦目の初黒星でございます。

それにしても…最終ラウンド、大毅選手は自分の思い通りに
いかないからって、ボクシングじゃなくてK1になってたのは
ちょっと笑っちゃったですよ(笑

内藤選手にしてみれば、ランク上げて
出直してこいやって感じかも。
(でも、正直内藤選手もそんなに強く見えなかった…私だけかしら汗)

少なくとも、ボコボコに打たれてKO負けっていうのが
避けられただけでも亀田家にとってはよかったでしょう。

大毅選手、反則行為の反省も含めて
切腹するんでしょうか???

お父さん、頑張って…


【圧勝おめでとう!内藤選手、防衛戦の会見動画です】
http://jp.youtube.com/watch?v=D18im0oniLA









posted by てんてん at 08:49| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。